直方市・飯塚市・田川・鞍手・宮若の歯科、歯医者はライフデンタルクリニック
一般歯科、小児歯科、小児矯正、矯正歯科、インプラント、ホワイトニング、入れ歯

最新機器

ライフデンタルクリニックでは、徹底した安全管理・消毒・滅菌対策をしております。 患者さんに安心して治療を受けていただくだけでなく、スタッフにも安心・集中して診療に従事してもらえ るように日々精進しております。 感染予防対策には人手と時間と費用がかかりますが、患者さんごとに使い捨ての物を使用したり、その都度 滅菌することにより安全確保をしております。

どの位、滅菌予防対策を行っているかご紹介します。

DSCN0101
DSCN0102

患者さんごとに使い捨てるもの

グローブ、紙コップ、紙エプロン、口腔内カメラなどのラップなどは患者さんごとに交換しています。
交換できない部分(診療用のチェアなど)は殺菌オゾン水で拭き上げていきます。

 

 

oson

診療後にはまずオゾン水にて殺菌

使用した使い捨てでないものはまず、殺菌オゾン水にて汚れを取り除き、殺菌していきます。
オゾン水は非常に殺菌力が高い上に、汚れに触れるとすぐに殺菌した後は人体に 無害の状態になりますので安心して使えます。
オゾン水は保管ができませんが、オゾン水生成器により常に新鮮なオゾン水を使 えます。

yobi

薬液による予備洗浄

オゾン水により器具の洗浄後に、薬液による予備洗浄で付着したタンパク質や血液 などをはがれやすくして、さらに器具の錆を予防していきます。
薬液の色の変化により、消毒力の低下が分かるようになっていますので、色が黄色 に変化してくると新しく交換します。

chouonpa

超音波剪断波による洗浄

歯科などで一般的に使用されている超音波洗浄器とは違い、より強力に汚れを落 とし、しかも隅々まで持続的に効果を発揮できるのが超音波剪断波洗浄器になり ます。
以前は、当院で使用していた超音波洗浄器と比較すると、はるかに汚れ落ちがい いと実感しています。

mekkinpack
shigaisen

滅菌パックに入れる

患者さんごとに毎回使用するものなどは、すべて滅菌パ ックに入れて滅菌器にて滅菌しています。
滅菌パックに入れないものは、滅菌後に紫外線殺菌庫に 入れた状態で保管しています。

mekkin

高圧蒸気滅菌器による滅菌

滅菌器 2 台体制で滅菌しております
左側の滅菌器は超高速滅菌器で、歯を削る道具の洗浄・オイル差し・ 滅菌が一度に行えます。
この滅菌器を使用することで、患者さんごとの滅菌が可能になりま す。

乾熱滅菌器

高圧蒸気滅菌に適していないもので熱に強いものは、この滅菌器で滅菌します。
ガラスビーズを高温に熱したものが内部に入っています。

DSCN0105
DSCN0106

薬液滅菌

熱に弱いものは、グルタールアルデヒドという薬液を使い、細菌やウイルスを死滅させます。
プラスチック製品などは熱に弱いので、この薬液滅菌を行います。

contra

歯を削る道具(タービン、コントラ)

ライフデンタルクリニックで使用している切削器具の一部です。

さらに多い数を揃え、しかも超高速滅菌器がありますので患者さんご とに滅菌できます。

3way
3way2

スリーウェイシリンジ

(水やエアーを歯にかけるもの)この部分は患者さんのお口の中に入るものなので滅菌が必要ですが、ほとんどの歯科医院ではここまで滅菌は 出来ていません。

bar
cleanbar

歯を削るバーやかぶせ物を調整するバー

左の写真が歯を削るドリルの部分です。直接 歯を削りますし、口の中に入るものなので当 然滅菌が必要です。 右の写真は銀歯や白いかぶせ物を調節する ためのドリルです。 この部分も毎回必ず滅菌が必要です。

konkan
konkan2

根管に使用するファイル

歯の根の治療時に使用する針のようなもので、使用する度 に血液が付着するので滅菌が必要です。 患者さんごとに滅菌しています

kouku2

口腔外バキューム

削った削片などの汚染物質を吸い取るもので、ライフデンタルクリニックでは各 チェアごとに整備しております。一般的な歯科医院では、治療でお口の中の金属や 歯を削る、歯のお掃除をする、お口の外で被せ物、詰め物、入れ歯などの調整のた め、金属やセラミック、入れ歯や仮歯のプラスチックを削るなど、想像以上に粉塵 が出る治療行為が行われます。

ですので、治療中の粉塵を患者さん自身が吸ってしまったり、診療室の環境を汚 染する原因になる可能性もありました。

口腔外バキュームは、治療中やお口の外で出る粉塵を、より高いレベルで吸い取ることが可能ですので、 よりクリーンな診療室の環境を実現することが出来、それによって、感染症や院内感染の防止ができる 機器です。

poseidon

ポセイドン

診療用チェアの水は汚染されている!

1990 年代より、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる 汚染』が注目されるようになりました。バイオフィルムとは、簡単にいうと 細菌がつくるヌメリです。台所の排水溝を想像してください。 バイオフィルムによる汚染がなぜ歯科ユニットの給水管内で起こるのか、考えられる原因としましては 夜間、歯科ユニットの給水系チューブ内の残留塩 素が減少してしまうため、水道水が本来有している塩素がなくなり そのため、 細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成するとおもに考えられております。

ライフデンタルクリニックでは、診療用の水にも気を配っています。ポセイドンという塩素濃度を調整す る装置を設置していますので、診療用の水も飲めます。

万全の滅菌対策を施し、患者さんに安心安全な歯科治療を提供しております。

プラバシーに配慮した完全個室歯科診療を行っております。周りの目を気にせず、声を気にせず、ゆった りと歯科治療を受けていただけます。

お子様連れや妊婦、高齢者の方まで幅広い層の方々が直方市や近隣の飯塚市、宮若市、田川市、中間市、 八幡西区、鞍手郡、田川郡などから治療に来院されてます。

患者さんがより一層笑顔になれるように、スタッフと一緒に頑張ってまいります。

時間
9:30~13:00 -
14:30~19:00 -

 

休診日:日曜日、祝日、水曜日
ただし、祝日のある週は水曜日(9:30~13:00、14:00~18:00)は診療いたします
平日午後の最終受付は 18:30、水曜日午後の最終受付は 17:00 となります

予約優先になりますので、予約外の方や予約時間に遅刻された方はお待ちいただくことがあります。歯科学会 参加や歯科勉強会参加による休診がある場合は、随時新着ニュースにてお知らせします。