最新の歯科用CT

今までのレントゲンでは平面(2D)でしか分からなかったものが、歯や骨の中まで立体的(3D)に把 握できるため、正確な診断・治療が行えるようになります。
インプラントの患者さんも、外部病院に CT 撮影に行ってもらう必要がなくなりました。医科用 CT と比較 して、ライフデンタルクリニックの最新歯科用 CT は被ばく量が約1/10となりますので、飛行機に乗った際の被ばく量(日常生活をおくるだけでわずかながら必ず被ばくしています)とさほど変わりません。
親知らずの抜歯にも正確な診断ができるので、正確な治療には欠かせない器械です。

デジタルレントゲン

患者さんに優しいラウンドコーナーを採用し、今までのデジタルレントゲンよりも痛みが少なく使用できます。
ハイクオリティな画像が得られます。
レントゲン撮影時の被ばくが気になる方にも、デジタルレントゲンは被ばく量が極めて小さいのでとても安心です。
訪問診療用のポータブル(移動式)レントゲンもデジタル化してますので放射線被ばく量は最小限に抑えられます。

ポセイドン

歯科ユニット給水管内の微生物汚染の原因として、給水停止時に管内に滞留している 水道水中の残留塩素濃度が時間の経過とともに低下することで繁殖しやすくなると 考えられております。
歯科ユニット給水に中性電解水「ポセイドン」を利用することにより人にも機器にもやさしい衛生的な給水系の環境になりました。

口腔外バキューム

削った削片などの汚染物質を吸い取るもので、ライフデンタルクリニックでは各チェアごとに整備しております。
口腔外バキュームは、治療中やお口の外で出る粉塵を、より高いレベルで吸い取ることが可能ですので、よりクリーンな診療室の環境を実現することが出来、それによって、感染症や院内感染の防止ができる機器です。

高周波治療器

高周波電流発生装置と超音波振動発生装置の2つの装置からなっており、さらに歯根の長さも測れます。
歯の根のと治療には欠かせず、根の殺菌も行え、歯周ポケット内の消毒、滅菌を行うことができます。
超音波スケーラーと超音波拡大、ポケット洗浄機として利用することができます。
今までにない新しい治療が行えます。

クイックオゾンピコ

オゾン水は従来の塩素系・アルコール系除菌剤に比べ、優れた除菌能力をもちます。
オゾン自体が持つ酸化力により、短時間で効果を発揮します。
オゾン水とは、オゾン(O3)が水(H2O)に溶存している状態のことをいい、酸化による除菌・脱臭後、酸素と水へと戻るので、地球にやさしい物質として注目されています。

超音波剪断波

従来の超音波洗浄とは違い、専断波を発生させることにより、水槽内全てに無駄なく振動を伝え、強力な洗浄力を発揮します。
持続的に振動が伝わりますので、汚れを徹底的に除去します。
以前使用していた超音波洗浄器とは比較にならないほど汚れが良く落ちますね!

高圧蒸気滅菌器

当歯科医院は高圧蒸気滅菌器2台体制で滅菌しております。
左側の滅菌器は超高速滅菌器で、歯を削る器具(コントラやエアスケーラーなど)の洗浄・オイル差し・滅菌を一度に行います。
この滅菌器を使用することで、患者さんごとの滅菌が可能になります。

AED

もしもの時のために、AEDを常備しております。
定期的にメンテナンスしてますので、いざという時でも安心です。

笑気吸入鎮静器

酸素と笑気の混合を鼻マスクから吸入して、痛みや不安を軽減しリラックスした状態 で治療を行える麻酔方法です。鼻閉のある方や妊婦の方以外に用いることが可能です。ほのかに甘く香る笑気を吸入し始めると、意識のある状態で体がふわーっとウトウトした心地になり、眠ってしまう方もいらっしゃいます。
寝ている間に治療が終わる、そんなストレスフリーな治療が可能です。

生体情報モニター

高血圧などの全身疾患のある方や歯科恐怖症の患者さんの治療、抜歯やインプラント治療などの外科処置を行う場合に、血圧や酸素飽和度を測定しながら治療を行います。治療中に随時測定していきますので、体調が悪化したときに治療を休憩したり、中止したりすることができます。

プロフィーメイト Neo

痛みが少なく、短時間に歯の着色を除去し綺麗にしていきます。パワフルなパウダー噴射により歯の表面のパウダーポリッシングを行います。長くて小さいノズルチップにより、歯面へのアクセス性も飛躍的に向上。歯と歯の間など、細かい部分もスピーディーに歯面をクリーニングできるようになりました。

ペリオメイト

新世代のプロケア、パウダーメインテナンスが行えます。
今までは付着物を除去できなかった箇所も、非接触での清掃を可能にするPerio-Mateのパウダーメインテナンス。広範囲のパウダー噴射でバイオフィルム・プラーク等の清掃漏れをできる限りなくし、チェアータイムを大幅に短縮しながら、通常より効率的に成果を得られます。技術にとっても、患者さんンいとっても快適な、パウダーメインテナンス体験がここから始まります。

ロンドフレックスプラス

専用のパウダー粒子を高速(20m/秒)の空気流で治療する歯の表面に吹き付け歯牙表面をすばやく処置します。
小さなむし歯では麻酔なしで処置できます。
生えたての永久歯に溝にフッ素処置する際に使うことにより、フッ素が外れにくくなります。

口腔内カメラ(RF)

処置前、処置中、処置後とカメラ撮影することにより、治療の説明を従来の手鏡ではなく、テレビモニターに写してご説明いたします。
拡大して説明することができるので、わかりやすいと患者さんには評判です。

インプランター(シロプロL)

インプラント手術時に使用する機器です。回転数やトルクをコントロールし、LEDライトを搭載してますので、安全なインプラント手術を行えます。

超音波骨削器(サージボーン)

超音波振動で骨を切削します。硬組織は切れても粘膜や神経&血管などの軟組織は切れない、安全性の高い手術が行える機器です。術後の痛みが大幅に軽減されます。

ダイアグノデントペン

むし歯検査は経過を観察する手段がありませんでしたが、歯周病と同じくむし歯 の状態を経時的に数値で管理できる「ダイアグノデントペン」は、“見つけてすぐに削る治療”から“進行状況に合わせて適切な管理をする治療”へ変化していきます。

パイオキュア

パイオキュアーは、う蝕予防および根管治療に活躍する歯科用フッ素イオン導入装置です。フッ素塗布よりも効果的にフッ素を歯質に取り込むことができ、う蝕予防に高い効果を発揮します。また、フッ素の細菌繁殖抑制作用により、歯の根の治療に応用できます。

口臭測定器(リフレス)

呼気口臭測定器リフレス HR BAS-108 は、口腔ガス、呼気ガス、鼻咽喉内局部のガスの計測ができます。
約20秒で結果がわかり、今まで知らなかった自分の口臭の度合いが数字でわかるので、平均値と比較することができます。

自動練和器

印象材(型取り要材料)と石こうそれぞれの特性に合わせた専用カップと緩和モードの開発により常に一定した緩和状態が得られます。

LED光照射器

波長の異なる2種類のLED照射器を使い分けることにより、より早く、より精密な治療を行っています。照射パワーも従来品に比べて2~4倍のパワーを有していますので、治療が早く終了します。

プラチナポリリンホワイトニングライト

ポリリン酸ホワイトニングは、あらゆる生物の体内にもともと存在している生体成分である分割ポリリン酸を使用した、安全で非常に高い効果が期待されるホワイトニング方法です。歯にダメージを与えない施術方法と、ポリリンコーティングによる幅広い効果効能は、歯科業界の注目を集めています。
歯並びが悪いとホワイトニング液やホワイトニングライトが歯に浸透しにくいため、ホワイトニングされにくいのが一般的ですが、ポリリン酸ホワイトニングでは左の写真のように明るい色になります。

超音波スケーラー

超音波を使って歯石除去を行う器械です。必要な機能をコンパクトに凝縮したシリーズ最高峰モデル、バリオス 970。
術者の使用感を徹底的に追求し、先端にLEDライトを搭載しているので、見えにくい奥歯も明るく照らし、高い操作性と安全性を実現しています。

根管長測定器(コスモ、ジャスティⅢ)

むし歯が大きかったり、強い痛みがあったり、以前に治療したが歯ぐきが腫れて痛いなどの場合には、歯の根の治療が必要になってきます。この場合、正確に歯の根の長さを把握して、根っこの先がどこにある かを知る必要があります。
この時に、左の機器を使って正確に治療を進めていきます。

X-スマートプラス+Ni-Ti ファイル

この2つの器具を使うことにより、今までより時間が短く確実に治療することができるようになりました。
歯の根の治療時には、口を開ける時間が長いと感じたことはありませんか?
その苦痛から少しは解放されるかもしれません。
確実に治療時間は短くなってますね!

位相差顕微鏡

腔内には数 100 種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌による感染症が歯周病やむし歯です。つまり、口腔内細菌(悪玉細菌)を減少させることにより、歯をできる限り失わないように頑張りましょう。
ライフデンタルクリニックでは 位相差顕微鏡 を使用して口腔内細菌の種類 や量等を観察します。歯周病を起こす細菌は口腔常在菌(健康な状態であっても存在する細菌)なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌を「ゼロ」にはできませ んが、極力数減らすことが歯周病活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

ウォーターサーバー

待合室に入ってすぐ左手にウォーターサーバーを設置しています。
冷水、温水、インスタントコーヒーを用意してますので、ご自由にお飲みください。
ウォーターサーバーの下は、ゴミ箱になっていますので、使い終わった紙コップなどは、ゴミ箱に捨ててください。

万全の滅菌対策を施しています

万全の滅菌対策を施し、患者さんに安心安全な歯科治療を提供しております。
プラバシーに配慮した完全個室歯科診療を行っております。周りの目を気にせず、声を気にせず、ゆったりと歯科治療を受けていただけます。
お子様連れや妊婦、高齢者の方まで幅広い層の方々が直方市や近隣の飯塚市、宮若市、田川市、中間市、 八幡西区、鞍手郡、田川郡などから治療に来院されてます。
患者さんがより一層笑顔になれるように、スタッフと一緒に頑張ってまいります。

滅菌対策

ライフデンタルクリニックでは、徹底した安全管理・消毒・滅菌対策をしております。患者さんに安心して治療を受けていただくだけでなく、スタッフにも安心・集中して診療に従事してもらえるように日々精進しております。感染予防対策には人手と時間と費用がかかりますが、患者さんごとに使い捨ての物を使用したり、その都度 滅菌することにより安全確保をしております。
どの位、滅菌予防対策を行っているかご紹介します。

患者さんごとに使い捨てるもの

グローブ、紙コップ、紙エプロン、口腔内カメラなどのラップなどは患者さんごとに交換しています。
交換できない部分(診療用のチェアなど)は殺菌オゾン水で拭き上げていきます。

診療後にはまずオゾン水にて殺菌

使用した使い捨てでないものはまず、殺菌オゾン水にて汚れを取り除き、殺菌していきます。
オゾン水は非常に殺菌力が高い上に、汚れに触れるとすぐに殺菌した後は人体に無害の状態になりますので安心して使えます。
オゾン水は保管ができませんが、オゾン水生成器により常に新鮮なオゾン水を使えます。

薬液による予備洗浄

オゾン水により器具の洗浄後に、薬液による予備洗浄で付着したタンパク質や血液 などをはがれやすくして、さらに器具の錆を予防していきます。
薬液の色の変化により、消毒力の低下が分かるようになっていますので、色が黄色に変化してくると新しく交換します。

超音波剪断波による洗浄

歯科などで一般的に使用されている超音波洗浄器とは違い、より強力に汚れを落 とし、しかも隅々まで持続的に効果を発揮できるのが超音波剪断波洗浄器になります。
以前は、当院で使用していた超音波洗浄器と比較すると、はるかに汚れ落ちがいいと実感しています。

滅菌パックに入れる

患者さんごとに毎回使用するものなどは、すべて滅菌パ ックに入れて滅菌器にて滅菌しています。
滅菌パックに入れないものは、滅菌後に紫外線殺菌庫に入れた状態で保管しています。

高圧蒸気滅菌器による滅菌

滅菌器2台体制で滅菌しております
左側の滅菌器は超高速滅菌器で、歯を削る道具の洗浄・オイル差し・滅菌が一度に行えます。
この滅菌器を使用することで、患者さんごとの滅菌が可能になります。

乾熱滅菌器

高圧蒸気滅菌に適していないもので熱に強いものは、この滅菌器で滅菌します。
ガラスビーズを高温に熱したものが内部に入っています。

薬液滅菌

熱に弱いものは、グルタールアルデヒドという薬液を使い、細菌やウイルスを死滅させます。
プラスチック製品などは熱に弱いので、この薬液滅菌を行います。

歯を削る道具(タービン、コントラ)

ライフデンタルクリニックで使用している切削器具の一部です。
さらに多い数を揃え、しかも超高速滅菌器がありますので患者さんごとに滅菌できます。

スリーウェイシリンジ

(水やエアーを歯にかけるもの)この部分は患者さんのお口の中に入るものなので滅菌が必要ですが、ほとんどの歯科医院ではここまで滅菌は出来ていません。

歯を削るバーやかぶせ物を調整するバー

左の写真が歯を削るドリルの部分です。直接歯を削りますし、口の中に入るものなので当然滅菌が必要です。右の写真は銀歯や白いかぶせ物を調節するためのドリルです。この部分も毎回必ず滅菌が必要です。

根管に使用するファイル

歯の根の治療時に使用する針のようなもので、使用する度に血液が付着するので滅菌が必要です。患者さんごとに滅菌しています。

口腔外バキューム

削った削片などの汚染物質を吸い取るもので、ライフデンタルクリニックでは各チェアごとに整備しております。一般的な歯科医院では、治療でお口の中の金属や歯を削る、歯のお掃除をする、お口の外で被せ物、詰め物、入れ歯などの調整のため、金属やセラミック、入れ歯や仮歯のプラスチックを削るなど、想像以上に粉塵 が出る治療行為が行われます。
ですので、治療中の粉塵を患者さん自身が吸ってしまったり、診療室の環境を汚 染する原因になる可能性もありました。
口腔外バキュームは、治療中やお口の外で出る粉塵を、より高いレベルで吸い取ることが可能ですので、よりクリーンな診療室の環境を実現することが出来、それによって、感染症や院内感染の防止ができる機器です。

ポセイドン

診療用チェアの水は汚染されている!
1990 年代より、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。バイオフィルムとは、簡単にいうと 細菌がつくるヌメリです。台所の排水溝を想像してください。バイオフィルムによる汚染がなぜ歯科ユニットの給水管内で起こるのか、考えられる原因としましては夜間、歯科ユニットの給水系チューブ内の残留塩 素が減少してしまうため、水道水が本来有している塩素がなくなりそのため、細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成するとおもに考えられております。
ライフデンタルクリニックでは、診療用の水にも気を配っています。ポセイドンという塩素濃度を調整する装置を設置していますので、診療用の水も飲めます。
「きれいなお水の歯医者さん」ホームページ
URL:http://mizukirei-dc.com/