直方市の歯医者・小児歯科・矯正歯科はらいふ歯科クリニック

成人矯正

目立たない透明なマウスピースで、誰にも知られずに
キレイな歯並びを手に入れるインビザライン

歯並びをきれいにしたいが、
矯正していると気づかれたく無いあなたに
ピッタリな治療法です

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能
気づかれにくい矯正
気づかれにくいから治療に抵抗がない
気軽に外せる矯正
食事や歯磨きだって気軽に簡単に出来る
治療時間が短い
治療期間が短いからコスト的にもOK!

インビザラインで治る主な症例

  • がたがたな歯並び
  • 出っ歯
  • すきっ歯

最新鋭の機器を駆使してしっかり歯並びを確認し、マウスピース矯正を行います。

こんなお悩みで矯正治療をあきらめていませんか?

  • 矯正の費用が高くて無理かなぁ
  • はり金の矯正装置は目立つからイヤ
  • 矯正は痛そう
  • 歯磨きしにくそう
  • 食事がしにくそう
  • 歯並びがどう変わっていくのかを知りたい

これらのお悩みを解決できるのがマウスピース矯正のインビザラインです!

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

POINT.1 透明なマウスピースだから矯正していることに気づかれにくい

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能

従来の矯正ははり金での矯正治療となりますので、お口を開けたときに矯正装置が目立ちますが、マウスピース矯正は、装置が透明ですのでほとんど目立ちません。

POINT.2 取り外しができるので、普段の通りにご飯が食べられる

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能

従来の矯正器具は、はり金が邪魔をし、ご飯を食べるのも一苦労でした。
マウスピース矯正は取りはずしが可能なため、普段と同じように食事をしていただけます。

POINT.3 マウスピース型だから痛みの少ない治療を目指せる

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能

従来の矯正では、はり金の装置の部分が、お口の中や舌を傷つけ、口内炎ができやすく、 痛みが出る場合がよくありました。
マウスピース矯正は取り外しができる装置なので、できる限り痛みの少ない治療が目指せます。

POINT.4 矯正治療後の歯並びが確認できる

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能

治療中を始める前に治療後の歯並びを確認できます!
矯正相談で来院いただくと、3Dスキャナー「iTero」でシュミレーションを行います。 シュミレーションによって、明確に治療中から治療後の歯並びを予測できます。

光学式スキャナーiTeroで
治療後の歯並びを事前に確認可能

光学式スキャナーiTeroで治療後の歯並びを事前に確認可能

従来のワイヤー矯正や通常のマウスピース矯正(インビザライン)では、治療後の歯並びを確認するのが困難でしたが、iTeroの導入により、治療を開始する前に治療後の歯並びを確認することが可能になりました。
iTeroを使用したマウスピース矯正では、3Dスキャン機能により精密な歯型を取得でき、それにより精度の高いマウスピースが作製可能になりました。

さらに、スキャンした画像はすぐに確認できるため、患者様と一緒に治療シミュレーションを行い、治療後の歯並びを事前に把握することができます。
例えば、前歯が前に出ることを避けたい場合、前歯の位置を固定して治療シミュレーションを行うことができます。
その結果、治療前と治療後のイメージのずれが少なくなります。
さらに、治療開始前の診断がより詳細になるため、歯並びがイメージ通りにならない場合でも、治療方針の変更が容易になり、患者の満足度を向上させることができます。

iTeroによって1本1本の歯へのコントロール可能

マウスピース矯正(インビザライン)の成功は、精度の高い歯型を作成できるかどうかに大きく依存します。
iTeroの導入により、従来のマウスピース矯正(インビザライン)と比べて歯型の精度が著しく向上しました。
これにより、1本1本の歯に対して移動距離を設定できるなど、より細かく正確な動きで治療を進めることが可能になりました。
結果として、患者様の歯の状況や要望に応じた矯正治療がより容易に行えるようになりました。

従来の歯型採取方法では、患者に口にシリコンを詰めて一定時間耐えてもらう必要があり、嘔吐反射が起こりやすいというデメリットがありました。
しかし、iTeroを用いた歯型採取では、患者様が型取り時にシリコンを詰めることなく、光学スキャン方式によって精密な歯型を取得できます。
このため、患者様の負担が大幅に軽減され、型取り時間も短縮されるなど、多くのメリットがあります。

新しい機器や技術を常に取り入れ、より優れた矯正治療を提供することは、患者が安心して矯正治療を受け、健康的で美しい歯並びを取り戻すために非常に重要です。
また、iTeroは歯の後方移動や歯列の拡大も容易に行える装置であり、非抜歯治療にも大きく貢献してくれます。

歯科用CTによる
正確な診断

歯科用CTによる正確な診断

当院では、歯科用CTを完備しており、高度な画像診断が可能です。
従来のレントゲン撮影では2次元の情報しか得られませんでしたが、CT撮影により3次元の詳細な情報を取得できます。
CTの日本の歯科医院での導入率は3%程度と言われており、非常に高価な機器ですが、当院では安全で安心な矯正治療を提供するために、CT撮影が不可欠な検査であると認識しています。

歯科用CTは体の負担が非常に少ない

当院のCTは歯科専用に開発されたCT装置であり、創業病院などにある医科用CTと比較して、撮影時間が短く、被曝量も約10分の1に抑えられます。
3次元の詳細な情報が得られることで、診断の精度が向上します。
従来の2次元レントゲン撮影では、歯茎の中に隠れた歯や骨の状態をある程度把握することができませんでしたが、CT撮影ではより正確な3次元情報が得られます。

歯列矯正治療にCT診断が効果的

埋伏歯(歯茎の中に埋まっている歯)
埋伏歯は歯並びを整えるために歯を露出させ、埋伏歯を引っ張り出す治療が行われることがあります。
この治療を安全に進めるためには、CT診断が必要です。
また、お子さんの矯正治療では、これから生えてくる永久歯の正確な情報を把握することができ、より適切な矯正治療が可能になります。
歯周病が進行している場合、歯槽骨が減少していることがあります。
歯並びを整えるために歯を動かす際、骨の代謝機能を利用します。
CTにより骨や歯槽骨の状態を正確に計測できるため、歯の移動の限界が予測でき、安全な治療が可能になります。
親知らず
親知らずが歯並び全体に影響があるのか、また将来的に抜く必要があるのかなどを矯正治療前に把握し、治療計画を立てることが重要です。
CT診断を用いることで、これらの情報を正確に把握することが可能になります。
歯根
歯根の長さは矯正治療に大きく関わります。
歯根が短い場合、矯正治療を行うことが難しいため、歯根の長さを正確に把握するためにCT検査が必要となります。
従来のレントゲン撮影では歯根の長さを正確に把握することが難しかったため、CT検査の導入は大変重要です。
顎関節
顎関節症や顎変形症の患者さんでは、顎の関節の骨や関節のクッションの位置や形態の異常が疑われる場合があります。
CT撮影を行うことで、これらの異常を確認し、適切な治療を進めることができます。
また、非抜歯矯正治療を行う場合、顎を広げるという方法が用いられることがあります。
この際、顎の幅や奥行などを正確に把握することが不可欠です。
CT診断を用いることで、これらの情報を詳細に得ることが可能になり、より適切な矯正治療を行うことができます。

歯科用CTの導入により、矯正治療の精度や安全性が大幅に向上します。 当院では、患者さんに安心して矯正治療を受けていただくために、CT撮影を活用しております。 CT診断を用いた治療により、患者さん一人ひとりに適した最適な矯正治療が提供できるよう、努力してまいります。

マウスピース矯正の流れ

STEP:1 ご予約・ご相談、無料

歯並びや治療に関することは何でもお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが親身になってご対応致します。
無理な勧誘はいたしませんので、まずはご相談のご予約をお気軽にお取りください。

ご予約・ご相談はコチラから 0120-876-190
電話受付: 午前 9:00~13:00 / 午後 2:30~6:00 土曜日:午前 9:00~13:00(休診日 日・祝)
メールでのご予約はこちら(初めて受診される方専用となっております。)

当院では患者さまをなるべくお待たせしないよう、予約制をとっております。受診を希望される方は、こちらからご予約をお取りください。
なお、初診時には問診票の記入などにお時間をいただきますので、予約時間より少し早めのご来院をおすすめしております。

STEP:2 ご来院

ご来院頂き、
・レントゲン
・お顔全体・口腔内の写真
を行い現状の歯並びを確認させて頂きます。
その後、矯正プランやスケジュールをカウンセリングいたします。
解らない事や迷っている事などございましたら、ここでじっくりご相談ください。

STEP:3 精密検査

さらに詳細な顎の状態や歯型を確認し、そのデータを元に治療開始から治療完了までの歯並び経過のシミュレーションを行います。
シュミレーションを何度も行って最善の歯並びを目指していきますので、2週間~1カ月半位かかる場合があります。

STEP:4 検査結果を説明

検査結果を元に、具体的な治療計画(説明・費用)をご説明いたします。
この説明を聞いたうえで治療をするかどうかを決めて頂きます。

STEP:5 治療開始

発注後、約2週間~3週間でマウスピース型の矯正装置が到着します。
マウスピースのお取り扱いや注意点をお伝えし、必要があれば調整も行います。

STEP:6 矯正期間

1~3ヶ月に1度、来院してもらいます。
ご来院頂いた際に、計画通りに歯が動いているか、シミュレーションと照らし合わせながら確認していきます。
個人差はありますが、矯正期間はおおよそ半年~1年半かかります。

STEP:7 最終確認

目標通り歯並びになっているかを確認します。

STEP:8 保定装置の装着

矯正後の美しい歯並びを保つために、保定装置を装着し歯並びを固定します。

インビザライン矯正治療の料金

当院のマウスピース矯正治療費は歯並びの悪さに関係なく、定額制です。

相談料 無料
精密検査 ¥33,000(税込)
毎回の診察料・調整料 ¥3,300(税込)
インビザライン治療 ¥250,000〜¥750,000(税込)
※120回分割払いの場合、月々¥2,100~(税込)

お得な時間割もあります

平日午前診療限定(9:30~12:00)の矯正治療費割引きをご用意しております。

  • 平日の午前診療のみで通って来られる方だけの限定特別価格です
  • 月々1,850円~(税込)でOK
  • 治療費 ¥220,000~¥700,000(税込)
スルガ銀行 デンタルローン

当院が選ばれる
7つのポイント

矯正治療が得意な歯科医院

こどもの矯正治療から大人の矯正治療まで幅広く矯正治療を行っております。
治療方法も1つだけでなく、数種類の治療方法の中から、患者さんに最適な治療方法をご提案します。

事前に矯正治療後の歯並びが確認できる

治療後の歯並びが分かります。
今の歯並びが、治療後にどのようになるかを3D画像で確認できます。 治療後の歯並びがイメージできるので安心です。

常にベストな矯正治療法を研鑽し、日々努力しております

矯正治療は、経験豊富な院長が担当しております。
従来の矯正治療だけでなく、床矯正、トレーナー矯正、機能矯正、舌側矯正など様々な 矯正治療を行えます。

時間通り診療の徹底で待ち時間がありません

スタッフ全員がきびきび対応いたしますので、お待たせすることがありません。
予約時間を守る、つまり患者さまの時間を大切にすることは、当院が最も大切にしていることのひとつです。

月々のお支払いが2,100円からマウスピース矯正が受けられる

矯正治療のお支払いは、現金の他に歯科治療用ローンやクレジットカード払いをご利用いただけます。
歯科治療用ローンは120回までの分割払いができます。

ご希望に応じて4種類から選べます

当院のマウスピース矯正治療費は、ご希望に応じて4種類からお選びいただけます。
全ての歯並びを治したい、前歯だけ治したい、上の歯だけ治したいなど様々なご要望にお応えできます。
患者様に安心して通院していただくために、治療費用をしっかり、明確に説明いたします。 解らない事や悩んでいる事があればお気軽にご相談ください。

駐車場11台完備

駐車場は11台分ご用意しております。

よくあるご質問
マウスピース矯正Q&A

Qインビザラインができない場合はありますか?
A骨格に大きな問題がある方には最適ではありません。
他の最適な矯正方法をご提案することがあります。
Qマウスピース矯正に年齢制限はありますか?
A特に年齢制限はありませんが、年齢が若い方の方が治療期間が短く済むことが多いです。
Q歯を抜く場合はありますか?
A歯をきれいに並べるためのスペースがない場合、抜歯することがあります。
多くの方が抜歯を望んでいませんので、できるだけ抜歯をさけた治療法をご提案致します。
Qマウスピース矯正の期間中は、食事制限はありますか?
Aありません。マウスピース矯正は取り外しができる装置です。
食事の際はマウスピースを取り外し、いつもどおりお食事をお楽しみください。
Q痛みはありますか?
A軽い痛みや違和感がでることはあります。
この痛みや違和感は歯が動く事で生じるものです。通常、数日で痛み・違和感はなくなります。

院長からのメッセージ

院長からのメッセージ

私は、矯正治療を全く経験せずに開業しました。 しかし、日々診療を重ねていき、歯並びの悪さに起因する歯周病やむし歯を目の当たりにして、自らの手で歯並びの矯正治療をしていく必要性を痛感しておりました。
そのため研修会などに通いつめ技術を習得して、矯正治療を行うようになりました。

歯並びが治っていく過程での患者さんの笑顔を見ると、「矯正治療をして本当によかったな」と実感します。

自分の家族にも、針金を使った矯正治療や子どもの矯正治療を行ってきました。
そのため、矯正治療を考えているあなたにとって、一番の相談相手になれるように努めています。
現在、年間100人以上が新たに矯正治療をスタートする人気の矯正歯科医院となっています。
ほとんどの方が目立ちにくいインビザライン矯正を選んでおります。

まずは当院にお気軽にお問い合わせください。
「マウスピース矯正の相談」とお伝え頂くとスムーズです!

院長プロフィール

らいふ歯科クリニック院長 白川哲也(しらかわてつや)

2009年4月開業
こどもの床矯正治療を開始。
ブラケット(針金)矯正治療を開始。
トレーナー(マイオブレース)矯正治療を開始。
筋機能矯正治療(NeO-Cap Bimler®)を開始。
舌側矯正治療(WIN)を開始。
インビザライン(マウスピース)を開始。
トレーナー(EF Line)矯正治療を開始。
Myobrace®Member(マイオブレース認定歯科医院)に加盟。
インビザラインドクターに認定。

その他の矯正方法

インビザライン以外の矯正方法をご紹介します。

表側ブラケット矯正(デーモンシステム)

表側ブラケット矯正
(デーモンシステム)

歯並び矯正といえばイメージされるのが、このタイプの矯正方法です。
デーモンシステは従来の方法よりも、痛みが少なく、治療期間を短くできる治療法です。
歯の表側に金属もしくはセラミックのブラケットと呼ばれるボタンを貼り付けて、ワイヤーで歯並びを矯正する方法です。
ブラケットに金属もしくはセラミックのどちらかを選ぶかで金額が変わります。
症例に制限はありませんので、どの方でも使用になれます。

診断料 無料
治療費用 ¥770,000~
治療期間 1年半〜2年半
リスクや副作用

歯と顎のバランスによってはご自身の歯を抜く場合があります。まれに歯の根が短くなる可能性があります。装置装着後、痛みを感じることがあります(歯が動く正常な反応なので心配ありません)。頬の粘膜・唇・舌などに、口内炎ができることがあります。歯周病等で歯ぐきが下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯ぐきが下がる可能性があります。重なっていた歯がきれいに並んだことで歯ぐきと両隣の歯との間に三角形の隙間ができる可能性があります。

裏側ブラケット矯正(WIN)

裏側ブラケット矯正(WIN)

歯の裏側に金属のブラケットを貼り付けて、ワイヤーで歯並びを矯正する方法です。
非常に難しい矯正方法ですが、目立ちにいので、周りの目を気にせずに歯並びを矯正したい方には最適です。
表側ブラケット矯正と違い、強度の面からブラケットは金属製のみになります。
型取りをして、模型をこの矯正方法の開発地であるドイツに送り、コンピューター解析をして、その人個人にあったオーダーメイドの最新の歯並び矯正治療方法です。

診断料 ¥50,000
治療費用 ¥1,000,000~
治療期間 治療期間2年〜
リスクや副作用

装置に慣れるまでは話しづらい可能性があります。歯と顎のバランスによってはご自身の歯を抜く場合があります。まれに歯の根が短くなる可能性があります。装置装着後、痛みを感じることがあります(歯が動く正常な反応なので心配ありません)。頬の粘膜・唇・舌などに、口内炎ができることがあります。歯周病等で歯ぐきが下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯ぐきが下がる可能性があります。重なっていた歯がきれいに並んだことで歯ぐきと両隣の歯との間に三角形の隙間ができる可能性があります。

医療費控除について

医療費控除は、医療費がたくさんかかった場合に税金が戻ってくる制度で、歯科治療にかかる医療費も、もちろんこの対象になります。
医療費控除は、医療費が戻ってくるのではなく、1年間に支払った医療費の自己負担額の合計が10万円を超えた場合(例外あり)に、払いすぎた所得税が還付される制度です。歯科治療には、医療費控除の対象となるものと、ならないものがあり、最終的な判断は所轄の税務署が行います。

医療費控除の対象になる歯科治療費

セラミックや金などの保険外治療・インプラント治療や保険外の入れ歯・かみ合わせと治すための歯並び矯正・治療のための通院費 (交通機関を利用した場合)

医療費控除の対象にならない歯科治療費

一般的に支出される水準を著しく超えると認められる、特殊で高価な材料を使った治療・容貌を美しくするための歯列矯正
通院費は、治療する本人が通院のために使う交通費ですが、小さな子どもに付き添いが必要な場合は、付添人の交通費も通院費に認められます。診察券などで通院した日を確認できるようにして、金額、交通機関、理由などを記録しておきましょう。
通院費として認められるのは、電車、バスなど交通機関を利用した場合に限られ、自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場代は医療費控除の対象になりません。不明点や疑問点は、地域の税務署に相談すると詳しく教えてくれます。

医療費控除のために必要な手続き

医療費控除を受けるためには、毎年2月16日~3月15日の確定申告期間に、以下のものをそろえて地域の税務署に行き、確定申告書を提出する必要があります。

ローンやクレジットを使用する場合の医療費控除

ローンやクレジットは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立て替えて払い、その立て替え分を患者が分割で信販会社に返済していくもので、信販会社が患者の治療費を立て替えて払った年(歯科ローン契約が成立したときや、クレジットカードを利用して支払ったとき)の医療費控除の対象になります。
※金利や手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意ください。

高額療養費と医療費控除

「高額療養費」は、医療費が著しく高額になった場合に、所得に応じて設定される自己負担限度額を超えた医療費を、健康保険から支給してもらえるしくみです。
これを受けるためには保険治療であることが条件で、歯科の自由診療は対象になりません。
ですから、矯正治療についていえば、自由診療なら医療費控除の対象、保険治療なら高額療養費の対象であることが検討できます。

電話
矯正専用フリーダイヤル
予約