新器材の紹介(クラスB準拠高圧蒸気滅菌器)

今回は新しい器材の紹介をしたいと思います。

当歯科医院(ライフデンタルクリニック)では、2台の高圧蒸気滅菌器を使用して使用した器具の滅菌を行っていました。

しかし昨年、開業以来フル稼働していた1台の滅菌器が故障してしまいました。

修理の見積もりをメーカーに出していただきましたが、新しい滅菌器が購入できるくらいの修理費見積もりだったため、思い切って新しい滅菌器の導入をしました。

歯科医院では歯を削ったり、神経を抜いたりするなどお口の中の細部にまでわたり治療を行っています。せっかく完璧に治療を行ったとしても器具が汚れていたら、菌が付着したり、病気に感染したりする可能性が高まります。

直方市下境の歯科医院ライフデンタルクリニックでは、患者様に安心・安全の診療を受けていただくために、ヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した「クラスB」の滅菌器を導入いたしました。

今までの滅菌器の約3倍の金額がしますが、『安心・安全』をモットーとする当院にとっては譲れない買い物となりました。

 

当院では滅菌器2台体制で滅菌を行っていますので、院内感染を心配する必要はありません。